三河サドベリースクールの見学に行ってきました!

http://www.mikawasudbury.com/
http://www.mikawasudbury.com/

三河サドベリースクール・シードーム の見学に行ってきました。迎えてくださった代表の 黒柳さんがとても楽しそうに説明してくださったのが印象的で、すてきな場所だなぁと終始じんわりしていました。

サドベリースクールについては、前の記事でまとめましたが、実際行ってみて感じたのは、子どもたちの多様性を認めることで、大人自身も肯定されていくというか、大人も子どもも同じ人間として学び合うという環境なんだなぁと。

以下、思いつくままに、書き残します!


自由度を最大限まで振り切った教育?!

〇〇教育(シュタイナー、モンテッソーリ、イエナプラン……などなど)オルタナティブ教育(=代替教育)には様々あるけれど、サドベリー教育(=デモクラティック教育)は、“自由度を最大限に振り切ったところにある教育”というような表現をされていて納得。

ほかの教育も、ひとりひとりを尊重して個性を伸ばすような教育であるところは同じだけれど、それぞれにカリキュラムがあったり、教材があったりする。サドベリーはそういったものは一切なく、ルールやカリキュラムさえも自分たちで決めていくのだ。

自分のすることに責任をもつ

「自由であること」その代償として、誰も責任を取ってくれない=全ての責任は自分にある という価値観がある。

周りの同じ年の子どもたちは学校へ通って勉強しているけれど、自分はしていない。その代わりにこれをしている。

そういうような、責任は自分にあるのだ、ということを理解していなければならない。だから、自分が起こした行動に対して結果どういうことになろうとも、自分で尻拭いをしなければならないのだ。

そして、この学校に所属する為に、自分たちで決めたルールを守るということも大事だということも理解していなければならない。

入学の為の唯一のハードル

入学の為のハードルは、上記で書いた通り「自分の言動に責任をもつ意志がある」「ルールを守る意志がある」と定められている。

親が入学を希望していても、本人が入学を希望していなければ、そもそも入学は認められない。見学や体験入学をして説明をしっかり受けた上で、入学する本人が決めるのだ。

何を学ばせたいか (大人軸) < 何を学びたいか(子ども軸)

既存の学校では、学校長をはじめとして担任の先生が、責任を持って生徒を預かっている。しかし、サドベリースクールでは、雑な言い方をすると いい意味で責任を放棄している ということになる。本田健さんは

“サドベリーはハイリスク、そしてハイリターンがあるかはわからない(笑)、教育だと思います。”

http://www.ikedahayato.com/20131209/1530384.html?fbclid=IwAR0GtXpcH1CYL2yd2RNRF42ZSlMDNkAFeDSjhWgo2AdyDUsFKvQZlTx2BJs

わからなくもない。それでも、私にはサドベリー教育が魅力的に感じる。


子どもは生まれながらにして完璧。
むしろ、自分より後に生まれた人間は遺伝子的に優れているというのが、私に中にあるので、出来るだけそのまま何も邪魔されず育っていって欲しいと願う。

そんな考えをもつ親にとっては、サドベリースクールは最高な教育環境と言えるのではないかと思ったのでした。

2 Comments

まるわかり 自然の中で 産む・育てる・学ぶ < 鳥取県智頭町での取組> | MISATO SUGIURA

[…] MISATO SUGIURAサドベリースクールってなに?http://misatosugiura.me/2018/12/30/%e3%82%b5%e3%83%89%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%ab%ef%bc%9f/まなび舎、設立への道 : 初めのいっぽ。世界一素敵な学校?!私は、ある一冊の本でサドベリースクールを知った。ここに書かれている、アメリカ・ボストンのサドベリーバレーにある学校のお話。クラスも時間割もなければ、宿題もカリキュラムもない。とにかく自由… MISATO SUGIURA三河サドベリースクールの見学に行ってきました!http://misatosugi… […]

返信する
まるわかり 自然の中で 産む・育てる・学ぶ < 鳥取県智頭町での取組> | MISATO SUGIURA

[…] MISATO SUGIURAサドベリースクールってなに?http://misatosugiura.me/archives/34まなび舎、設立への道 : 初めのいっぽ。世界一素敵な学校?!私は、ある一冊の本でサドベリースクールを知った。ここに書かれている、アメリカ・ボストンのサドベリーバレーにある学校のお話。クラスも時間割もなければ、宿題もカリキュラムもない。とにかく自由… MISATO SUGIURA三河サドベリースクールの見学に行ってきました!http://misatosugi… […]

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です